かん袋 ~鎌倉時代からあるスイーツ!!~

やほやほ!
れいちゃんでっす!

今日は恋人と堺ドライブデートでした!!
運転してる横顔って、
いつ見てもかっこいい♡きゅん♡

もうすぐバレンタインだから、
チョコレートあげたの!
そしたらすぐに、
堺で有名なくるみ餅のお店〈かん袋〉さんに
連れてかれて、
その場でチョコのお返しもらっちゃった・・・
はやいよ~(笑)

堺の情報誌とかには
必ずといっていいほど登場する〈かん袋〉さん。
くるみ餅自体は他の和菓子屋さんで
食べたことあって、
わりと好きなんだけど・・・
どこの食べても似たようなもんじゃない?
なんて思ってた自分を殴りたい・・・
(や、他のお店のももちろんおいしいんだけど!)

ふるーいお店っていうのは知ってたけど、
今調べてみたら、な、なんと・・・
鎌倉時代からあるんだって・・・

いくら古いっていっても、
明治創業とかだと思うじゃん・・・!
それが、鎌倉時代末期に和泉屋っていう
名前のお餅屋さんとしてできたのが始まりで、
〈かん袋〉っていう名前は豊臣秀吉がつけたんだってー!!
も、もう、僕の知ってる老舗のレベルを通り越してる・・・(笑)

そして“くるみ餅”ができたのは室町時代の中頃・・・
いや、古さのレベルが創業と
そんなに変わらなくてもうなんて言ったらいいか(笑)

しかも調べるまで知らなかったんだけど、
くるみ餅って、てっきりクルミの餡だと思ってたの・・・
違うかった(汗)

餡でくるまれてるから“くるみ餅”。
ほぇー。

〈かん袋〉さんで売っているものは、
くるみ餅のみ!
あと、かき氷がのってるバージョンと
お抹茶は売ってたけど・・・
ほんとそれだけ。
でも、お店には平日の昼過ぎにも
じゃんじゃんお客さんが来てる。
女の人だけじゃなくて、
おじさん一人とかでも来てたり、
お持ち帰りの人もいっぱいいたり。
まだ寒いのに、
お店ではほとんどの人が氷くるみを食べてたり。

氷くるみを食べてるおばさん3人組は、
それぞれお持ち帰りくるみ餅も買ってて

「もうアタシいらんよ~、
こどもんときから食べてて食べ飽きたわ!」

って言いながらも、
氷くるみをきれいにさらえて、
嬉しそうにお土産抱えてた(笑)

ここに来てたおじさんおばさんは、
昔っから食べててずっと好きなんだろうなぁって思ったよ。

このとき、僕たちはランチした直後だったから、
2人前をお持ち帰りにして、
堺浜までドライブして、
公園をお散歩してから海辺で食べたの♪

2人前で1000円するの・・・
ちょっと高いな、って思ったんだけど・・・
ほんっと、無知だった自分が恥ずかしいくらい、
めーーーーっちゃ美味しかった!!!
これは1000円の価値あるし、
今まで食べたどのくるみ餅より美味しい!
なにがこんなに違うんだろ・・・
出来立てすぐ食べたからっていうのもあるかもしれないけど、
お餅がやわらかくって、
餡はやさしくなめらかで、
香りも良くて。

わりとずっしりしてて、
白玉サイズのお餅が10個
(一人前5個)入ってて、
食べきれるかな?って思ったけど、
僕も恋人もペロリだった!
一瞬で食べちゃったー!
しかももう、また食べたい気持ち(笑)

そりゃあ鎌倉時代から続くお店で、
室町時代からずーっとくるみ餅一筋で
やってきてるお店だもん・・・
美味しくないわけがないよね・・・

こうしてファンがどんどん増えていって、
〈かん袋〉さんの歴史はまだまだ
長く続いていくんだろうなぁ。

ごちそうさまでした♡




(堺の海と、くるみ餅♡)

2021.2.12 難波 澪♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る