竹ノ内街道を歩いた時に
近くにあった丹南天満宮たんなんてんまんぐうという神社に立ち寄りました

(松原市丹南3-6)

竹ノ内街道から南に少し外れたところにあります
中央環状線がすぐ近くを通っているけど
このあたりは静かな住宅街でした

こちらは旧丹南村の産土うぶすな神社でした

産土神というのは
生まれた地の守り神のことで
つまりは丹南の地の守り神としてお祀りされていたわけです

神社の名前からわかる通り、ご祭神は菅原道真すがわらのみちざね
それと、天照大神あまてらすおおかみ天児屋命あめのこやねのみことの3柱です

創建年代は不詳ですが
社殿には大坂の陣の際に焼け落ちたとの記載があるので
それより前からあるようです

現在の本殿は大坂の陣以降に建て替えられた
江戸時代初期のものらしく
松原市内で現存する神社本殿の中ではかなり古いものだそうです

村の人々から鳥居や灯篭などの石造物なども奉納されており
石鳥居も、松原市内最古級のものといわれています
(「延宝七年」(1679年)と刻まれてる!)

このあたりには昔、丹南藩があって
丹南天満宮も、丹南藩の領地でした
代々の藩主に崇敬された神社で、村人からの信仰もあつく

当時も今も、神主さんのいないタイプの神社のようですが
地元の人にきちんと手入れされ、修繕されて現代に至ります
(明治41年に他の神社に合祀され、一度は丹南の地から失われたそうですが
 住民の願いにより再び元の位置に戻されました)

さて、そんな丹南天満宮
拝殿はこちら↓

この檜皮は平成22年に吹き替えられたらしいので
まだまだ美しいですね~~

奥に見える朱色の建物が本殿です

わたしは神社の建造物には疎いのでピンとこないのですが
こちらの本殿は江戸時代初期に建てられたものながら
安土桃山時代の様式を持っている、珍しい建物になるそうです

ところで

菅原公が祀られているところには、
だいたいこの、右大臣左大臣の随身像があるけど・・・
なんでなんでしょ
ちょっと調べたけど答えがわからず・・・
教えてエライ人~~
(ミッチーが右大臣だったから??)

天神さんなので、もちろん牛もいます
モォーーーゥ

境内には皇大神宮(左)と八坂神社(右)

それに、広末大明神という稲荷社もありました

住宅街の静かな神社で派手さはありませんでしたが
大坂の陣の以前から現在に続く
地元の人々に守られてきた歴史のある神社でした◎

2022.1.24 姫松なつき

〈参考文献〉

●松原市ホームページ
 「丹南天満宮の文化財」
 (https://www.city.matsubara.lg.jp/soshiki/kankou/bunka/2_3/5/4556.html

●南河内には何がある?
 「丹南天満宮 安土桃山時代の様式を残す美しい本殿~松原市~」
 (https://travel-minakawa.com/2020/05/08/tanmantenmangu/

●ちょっと気になる!~大阪発史跡旅~
 「丹南天満宮」
 (https://kininarugou.blogspot.com/2021/06/tannantenmangushrine.html

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る