いくつかの溜池を通過し
そして竹ノ内街道の中でもビッグポイントの一つ
野中寺やちゅうじへ寄り道しました!

お天気良さそうに加工しましたが
しとしと小雨が降っておりました

こちらのお寺は
聖徳太子と蘇我馬子さんの建立と伝えられている
由緒正しきふる~~いお寺!
叡福寺えいふくじの「上の太子」・大聖勝軍寺だいせいしょうぐんじの「下の太子」に対して
「中の太子」と呼ばれています

現在は府道31号線(堺羽曳野線)沿いにありますが
昔は竹ノ内街道に南大門を置く、大寺院だったそうです

見どころ満載なので、また別でたっぷりご紹介しますね♪

野中寺から少し歩くと、お次は古墳ですよ・・・!

どなたの古墳かというと

24代仁賢にんけん天皇~~

仁賢さんは、17代履中りちゅう天皇の孫にあたるお方です

拝所へは、車道から斜めに入っていく小道を行きます

久々の古墳に大コーフン!!!

拝所の写真だけ見ると、どの天皇陵見ても同じに見えちゃいますが
ここに眠るお方に思いを馳せてみてください・・・

仁賢天皇についても、また改めてまとめますね★

古墳にコーフンするも、ここで雨がわりと強くなったので
近くのマンションの入り口で少し雨宿りさせていただき
(日傘兼用の傘じゃしんどいくらいの雨・・・)

少しましになったところで再び歩くと
まもなくランチの目的のお店に到着

以前にもお邪魔しました
パティスリーフラワー竹ノ内街道店」さん!!!
(「パティスリーフラワー~コーフンランチ★~」)

古墳カレーが有名なお店ですが
それは前回食べたので
今回はドリアをいただき、冷えた体を温めました~~

(野菜もりもりで美味しかった♡)

っていうかね

フラワーさんのすぐ正面に
峯ヶ塚みねがづか古墳という古墳があるのですよ

公園として整備されていて
高台になっている場所からは二上山にじょうさんがよく見えるらしくて
ぜひともここから、街道のゴールである奈良の方向を
眺めたいと思っていたのですが・・・

あいにくの雨降りだったので
公園に寄るのも高台に登るのもあきらめたの・・・
絶対絶対、お天気のいい日にリベンジします!!!

そして再び歩いていくと

だーれだ♡

ハイ

こちらは日本武尊やまとたけるのみことの古墳
白鳥陵古墳でございます!!!!!

ああ~~空がどんよりなのが残念・・・

こちらは以前訪れたことがございます
(⇒「白鳥陵古墳~日本武尊は白鳥になった~」)

このときは拝所しか行かなかったのですが
ちょうど白鳥陵古墳の北側が竹ノ内街道と重なっておりまして
古墳の真横を歩きました♪

白鳥陵古墳横は「ウォーキング・トレイル」の名前で整備されていて
歩きやすいし趣もあって良かったです◎

古墳横を通り過ぎて少し行くと
近鉄南大阪線の古市駅へ出ます

その前に大蔵屋さんに寄り道しました・・・♡
(⇒「大蔵屋①~最高の古墳アクセサリー♡~」)

大蔵屋さんとは
古墳好きなら垂涎必至の、古墳グッズを取り扱うお店です♡♡♡

ハニワのぬいぐるみを買っちゃいました・・・♡

そうそうそう

古市駅と大蔵屋さんのちょうど中間地点くらいに
誉田白鳥埴輪製作遺跡」なるものがありました!

前回大蔵屋さんに行ったときは車だったので
全然気づかなかったのですが
街角の色々な物に気が付けるのは、歩きのいいところですねぇ

昭和44年に偶然発見されたという、埴輪製作遺跡

埴輪を焼いたとされる窯跡が11基確認されています
5世紀後半~6世紀前半にかけて
古市古墳群を構成する古墳に使われている埴輪は
ここで製作されたと考えられているそう

雑草が生い茂りまくっていましたが
復元模型が置かれていました

「1号窯」のプレートが見えます
草ぼうぼうだけど、これが跡地・・・!

大蔵屋さんから再び古市駅まで戻ってきて
線路を渡るとすぐ左手に白鳥神社が見えました

もともとは白鳥陵古墳の頂に建っていたとされ
後に古市の氏神として現在の地に移されたという神社
もちろん、ご祭神は日本武尊

こちらにも寄りたかったのですが・・・
大蔵屋さん寄り道で時間をとってしまったので
残念ながらこの日は寄れず
また別日に改めて参りたいと思います!

ただ、白鳥神社の向かいにあるお土産屋さんには寄りました・・・(笑)

「ふるいちタケル館」
https://www.habikino-kk.net/post_tokusan/furuichitakerukan

羽曳野のお土産を売っている小さなお店です

店員さんに「ここにしか売ってないのよ」と勧められ

「いちぢくどらやき」を購入~~
(⇒「古墳スイーツ」もご覧ください♪)

帰り時、駅のホームでパクつきました(笑)

ここらで少し足の疲れを感じ始めましたが
まだまだどんどん進みます~~

続く★

2022.1.29 姫松なつき

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る