竹ノ内街道沿い、大泉緑地よりやや西にある金岡かなおか神社


(堺市北区金岡町2866)

最寄り駅としては、地下鉄御堂筋線の新金岡駅になるでしょうか

住所も金岡町といいますし
地名がついた神社なんだな、と思うところですが

ちゃうんです

こちらの神社に祀られている
巨勢金岡こせのかなおかという人物の名に由来しているのです

金岡さんが祀られてる金岡神社があるから金岡町がある

ハイ

巨勢金岡って誰やねん、と思いますよね
そうそうご存じないと思います
わたしは知らなかった(←毎度お馴染み、無知姫松)

この方、平安時代の貴族であり、宮廷に仕える絵描きさん

それはそれは絵がお上手だったそうで、その画力が朝廷に認められ
宮廷で屏風や障子に絵を描くようになったそうです

当時、この金岡神社のあった付近では
河内絵師といわれる、とても絵の上手い、
彩色などの技術を持った人たちが多く住んでいて
彼らは奈良の大仏殿の絵を描くなど活躍していたそうです

その中でもひときわ上手だったのが金岡さんで
絵所長音えしょちょうおんという、絵の仕事をする役所で
最高の位でいらっしゃいました

金岡さん、歴史の授業では出てこないし
多少の歴史好きくらいじゃぁ知らない存在と思いますが
日本画をされている方なら知ってて当然の方かもしれません

当時は絵と言えば中国的な作風ばかりだったところ
いわゆる日本画チックな作品を初めて手掛けたのが金岡さんで
金岡さんは、日本画の祖といわれているのです

そんな金岡さんが祀られている金岡神社ですが
はじめから金岡さんを祀るために建てられた神社
というわけではありませんでした

創建は平安時代初期の仁和年間(885~889年)と伝えられています
五穀豊穣を祈るために住吉大神すみよしおおかみをお祀りしたのが
始まりだそうです
その後、素戔嗚尊すさのおのみこと大山咋命おおやまいくのみことという神さんが
合祀されました

金岡さんがお祀りされたのはさらにその後
一条天皇の時代(980~1011年)に勅命により
金岡さんがこの辺りに住んでいたということもあって
こちらの神社にともに祀られるようになり
名前も「金岡神社」と称するようになったそうです
金岡さんを祀る神社は日本でもここだけらしいので
日本画界の人たちからすると、聖地のような場所だったりするのでしょうか・・・

大正末期の頃から、金岡神社では毎年5月3日に
絵画・技芸の上達を願う「画神祭」を行われているそうです!
おお・・・わたしもあやかりたい・・・!

ところでこちらの神社
わたくしのヘタクソな写真で申し訳ないのですが
境内をごらんください

中央に見える建物が本殿
その右側に、見切れるくらいの大きな木・・・!
左側にも、葉がないですが大木の幹がありますね・・・

どう、すごくないですか・・・
本殿が小さく見える・・・!

本殿の奥にも大きいのがあるんですが、それがこれ↓

全貌が写せませんでした(笑)

こちらは木の前に祠が置かれていて
ちょっと覗いてみたのですが・・・

ミツバチ(たぶん)がウジャウジャブンブンうごめいていたので
逃げました。ムリ虫ムリこわい。
拡大したらウゾウゾしてるのが見えるので
拡大しちゃあダメです(ゾワワ・・・

虫はともかく
これらの楠は樹齢900年と推定されているそうです!
よくこんなにも見事に枝を伸ばせたものですねぇ!!

そんな緑豊かな金岡神社
絵師さんはぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか♪

もちろん絵師さん以外の方々も
森林浴がてらに、街道歩きついでに
訪れてみてください~~◎

2022.1.19 姫松なつき

〈参考文献〉

●Wikipedia(金岡神社、巨勢金岡、従五位)

●神社巡遊録
「金岡神社」
https://jun-yu-roku.com/kawachi-yakami-kanata-kanaoka/

●神社探訪 狛犬見聞録・注連縄の豆知識
「金岡神社」
http://www.komainu.org/oosaka/sakai_kita/kanaoka/kanaoka.html

●延喜式神社の調査
「金岡神社に合祀」
http://engishiki.org/settu/bun/st060107-01.html

●堺フィルムオフィス
「平安時代の宮廷画家 巨勢金岡 はじまりや堺、竹内街道沿いを歩く」
https://sakai-film.jp/movie/%E5%B9%B3%E5%AE%89%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%AE%AE%E5%BB%B7%E7%94%BB%E5%AE%B6-%E5%B7%A8%E5%8B%A2%E9%87%91%E5%B2%A1-%E3%81%AF%E3%81%98%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%82%84%E5%A0%BA%E3%80%81%E7%AB%B9%E5%86%85/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る